広大な海を目の前に思う事。
せっかく訪れた釣り場で、魚がいるかもしれない遠く離れた遥か沖、チェックせずに帰るのはもったいない…
遠く離れた沖なら、他の釣り人にもチェックされている回数もの少なく、魚もスレている可能性も低いのではないか…

そんな思いに応えてくれるとしたら…
やはり飛距離でしょう! 



飛距離を出すならやっぱりタングステン!
タングステンという素材の比重は、鉛の約1.7倍と言われています。
比重が大きいという事は、小さいのに重いという事です。
小さければ、空気の抵抗を受けにくく出来ます。故に飛距離を出しやすいと言えるでしょう。
そして、小さく重ければ水の抵抗もより受けにくく沈みも速いと言えるでしょう。故に、沖の深さのあるところでもボトムをいち早くとる事が出来るのではないでしょうか。
IMG_9642




飛び良し!沈み良し!かたち色々タングステンメタルジグ!
おすすめ5選!

1:ダイワ、TGベイト
僕が特に愛用しているメタルジグです。実績も残してくれています。これまでの遠征(離島)で使わなかった事はないメタルジグでもあります。スタンダードにも思える形に僕は思いますが、飛行姿勢も良くすごく使いやすい印象を持っています。


2:ダイワ、TGベイトスリム
スリムである事は、投げ方さえキマり(どうやれば良いのかは説明出来ないのですが)飛行姿勢がキマった時は、ノーマルのTGベイトより飛ぶのではないでしょうか。そして、そのスリムなシルエットから魚に対するアピールも違うものを与えられると思います。


3:シマノ、コルトスナイパーTGピットブル
ダイワのTGベイトの水平フォールに対し、これは後方重心なので、テイルフォールと呼べばいいのでしょうか。これは水平フォールより更に沈みが速そうです。目の前がドン深、ジグを沈めるのに1分かそれ以上かかる様なところでボトムを探る時とかには利点の多いメタルジグに思います。


4:オーナー、撃投ジグ TGエッジ
注目したいのが、特徴的な平たい構造。この5選の中で唯一なシルエットをしている様に思います。この形だけがその時の釣りのパターンになっている…、という事も可能性としてはゼロではありません。


5:ボーズレス、TG TOKICHIRO
特徴的なのが、このジグが持つ独特なスパイラルフォール。そうなる様に設計されて作られたみたいですが、その他リーリング時にの動きも考えられていて、まるでスプーンルアーの様にテールをふりふりしながらも動く設計。メタルジグはただしゃくるだけが釣り方ではありません。その事を教えてくれるジグでもありますね。



釣りの舞台が広ければ是非ひとつは所持を!
ミノーやペンシルでバンバン釣れているのであれば、特に投げる事もないルアーになってしまうかもしれませんが、釣れない時こそ役に立つルアーに思います。まだ誰も試していないであろう遥か沖、そこでこそこの飛距離の出るタングステンメタルジグ。それで釣れたら大満足に思いますが、例え釣れなくてもここまでやって釣れないのなら…とも諦めをつける為にあるルアーでもあると思うのです。
是非ともひとつはタックルボックスに忍ばせておいて下さい。



関連品

ロッド


リール


ライン


リーダー


リング