魚の締め方

釣り場での魚の締め方「脳締め→血抜き→神経締め」まで。(アカハタ編)

こんにちは!釣りキチ隆(@takashyman)です!

釣った魚の締め方「脳締め、血抜き、神経締め」に関して…

  • 実際、どの様にやっていますか?
  • また、それぞれの処置をする理由を把握してますか?
気になりませんか?

という事で本記事では、釣ったアカハタを用いて、締め方と締める理由を解説します。

因みに、本記事とほぼ同じ内容を動画にもまとめています。

動画の方が理解しやすいところもあると思いますので、良かったら、動画も参考にしてみて下さい。

でも、じっくり文字&写真で見たい方は本記事をこのまま読み進めてみて下さい。

釣り場での魚の締め方「脳締め」(アカハタ編)

脳締めの概要

▼脳締めをする理由

  • 身体の動きを止める為。
  • 無駄に暴れられて魚の身を傷めない為。
  • 無駄に動かれて身のエネルギー(ATP)が使われる事を防ぐ為。

▼使う道具

▼脳締めのやり方

  • 可能であれば脳締めする前に回復させる。
  • 目と目の間の少し上を刺してグリグリっとする。
以下からは脳締めのやり方を写真と共に解説します。

脳締めする前に…

可能であれば回復させておくと良いのでは、と思っています。

釣ったばかりの魚は疲れている、つまりは身のエネルギーが消耗しているはずなので、タイドプール等で15分くらい回復させた方が良いと思います。
(アジで試した事がありますが、直ぐに締めると死後硬直がより早く始まってしまうのを確認しています。たまたまだったかもしれないですが、参考まで。)

今回のアカハタも釣った後、ストリンガーで繋いで海水に浸けて回復させました。

今回のアカハタも15分程おきました。

回復後は頭をブンブン振るくらい元気になりましたね。

で、回復させたら、脳締めです。

目と目の間の少し上くらいをフィッシュピックを回しながら刺します。

数センチ刺せたらその先を広げる様な感じでグリグリします。

この時、魚が一瞬ビクッとなったり、背ビレが立ったり、黒眼が中心来たりします。

「脳締め」とその名の通り、脳を壊すんですけど、脳の位置は下記写真の指先の位置辺りになります。

その辺りをグリグリすると脳締めができる感じです。

これで脳締めをして、魚の身体の動きを止める事ができました。

釣り場での魚の締め方「血抜き」(アカハタ編)

血抜きの概要

▼血抜きをする理由

  • 身の痛みを防ぐ。
  • 雑菌の繁殖を防ぐ。生臭くなるのを防ぐ。
    →多くの場合、血が雑菌を繁殖させている様です。

▼使う道具

  • ナイフ等。
    僕は主に「サビナイフ9」を使ってます。
  • ストリンガー

▼血抜きのやり方

  • 背骨に沿っている太い血管を切る。
  • エラの膜を切る。
  • 海水にしばらく浸ける。
  • 可能であればバシャバシャさせる。
以下からは血抜きのやり方を写真と共に解説します。

エラ蓋を開け、背骨に沿っている太い血管を切ります。

エラの膜を刺し開けながらナイフを背骨に当てる感じです。

※この時、魚の右側のエラ蓋を処置する事をおすすめします。
料理した時に魚の頭を左にして綺麗に見せる事ができますので。

そして、より血を出しやすくする為にエラの膜を大きく切ります。
(もしかしたら、これは必要ないかもしれませんが)

そしたら次は海水に浸けます。

タイドプール等で魚の口を持ってバシャバシャさせるとより早く血を抜く事ができる感じです。

でもそれができない場合はストリンガー等につないでバシャバシャさせると良いと思います。
(下の写真)

それで、エラの赤い色が薄くなっていたら、血が抜けているサインです。

これで血抜き完了です。

釣り場での魚の締め方「神経締め」(アカハタ編)

神経締めの概要

▼神経締めをする理由

  • 身にエネルギー(ATP)をより残す為。
    ※脳締めした後でも痙攣する事があり、その余計な動きでエネルギーを使われるのを防ぐ為です。

▼使う道具

▼神経締めのやり方

  • ワイヤーを脳締めした穴から側線の角度に沿って刺し、尻尾まで入れて、出し入れする。
以下からは神経締めのやり方を写真と共に解説します。

このアカハタは43cmと大きいサイズだったので、神経締めには1.2mm神経締めワイヤーを使いました。

※因みに30cmくらいのサイズなら0.8mm神経締めワイヤーを使います。

では、神経締め。

入れ始めは脳締めをした穴にワイヤーを入れます。

それで、ワイヤーは「側線」の角度に沿って入れます。

魚の神経は側線の角度(背骨の角度)に沿っている事がほとんどです。

なので、その角度でワイヤーを入れていく感じです。

それで、ワイヤーを側線の角度で数センチ入れていくと、魚がビクッとなるところがあります。

背びれがピクっと立つ事が多いですね。

そしたらそれは背骨の神経の入り口までワイヤーの先端が来た、というサインである事が多いです。
※この時、ほとんど力は使いません。

後はワイヤーを奥まで入れ、出し入れして神経をよく潰します。

因みにこの時、一時的に魚の身の色が白くなる事が多いです。

これで神経締め、完了です。

以上で、釣り場での処置は終わりです。

釣り場にクーラーボックスを持って来ているのであれば、この状態で入れます。

僕は磯の場合はクーラーボックスを持参しない時がほとんどなので、この状態で車まで持ち帰る事が多いです。

それで家で、内臓を出したりの処置をします。

因みに僕は多くの場合、流行りの「究極の血抜き」の処置をしたりしています。

冷蔵での保存期間を延ばしたりする事ができるので、「究極の血抜き」 の処置はできる様にしておくと良いですよ。

本記事のまとめ

アカハタは瞬間的に動く時もありますが、常に暴れる魚ではありません。

それに、サイズの割に背骨が太く、共に神経の穴も太いです。

なので、締めに関してはやりやすい魚かなと思いますね。

美味しく食べる為にも今回の処置方法、処置する理由を把握し、できる様にしておくのをおすすめしたいです。

因みに上の写真は今回のアカハタでの炙り寿司。レモン汁と塩で食べました。
(やり方はヒラスズキで参考記事動画があります)

すんごく美味かったです。

今回の処置方法が活かせていると思いますね。

本記事冒頭にも載せましたが、是非、動画も参考にしてみて下さい!

お読みいただきありがとうございます。

どうも、釣りキチ隆(@takashyman)でした!

▼関連アイテム