ヒラスズキタックルおすすめ

【ヒラスズキルアーにおすすめ】ブレイズアイ エヴォルーツ99VSP 徹底インプレ![レビュー]

こんにちは!釣りキチ隆(@takashyman)です!

ブレイズアイ エヴォルーツ99VSP」のインプレです!

このルアーは主にシーバス、いわゆるマルスズキ釣りで使われる事が多いと思われますが、僕はヒラスズキ狙いでも充分使えるルアーだと思っています。

それで、実際に釣る事も出来ました!

良いルアーです!

なので、本記事ではシーバス(マルスズキ)ではなく、ヒラスズキ狙いでの視点でまとめます。

 

本記事を読んで分かることは、

っていう感じです。

是非、参考にしてみてください!

 

すぐに「エヴォルーツ99VSP」の情報を販売サイトで見るならこちら▼

「エヴォルーツ99VSP」のスペックと外観

「エヴォルーツ99VSP」のスペック

パッケージの台紙にスペック等の記載がありますが、以下に書き出します。

エヴォルーツ99VSP」のスペック

  • 長さ:99mm
  • 重さ:15g
  • 標準フック:#3
  • 適合フック:#6〜1
  • リング:#4
  • レンジ:40〜80cm
  • ※重心移動システム搭載

エヴォルーツシリーズに待望のダウンサイズモデルが登場。
港湾・河川・サーフ・磯・ボートと場所を選ばずにオールマイティに使えるミノーに仕上がってます。

◎VSP(ヴァリアブルサスペンド)
初期設定ではスローフローティング(海水)〜サスペンド(淡水)設定。
フックやリングのサイズを変更することでスローフローティングからスローシンキングに任意で変更できます。

◎大型フック搭載可能
大型サイズのシーバスやフラットフィッシュが来ても安心な#3のフックを標準装備。
また最大で#1まで搭載できるので青物やアカメ、オオニベといったモンスタークラスにも対応可能。

◎ワイドロール×タイトウォブ
スローではヨタヨタとしたワイドローリングで食わせのアクションを発動。
ミディアム〜ファーストではキビキビとしたウォブリングで広範囲にアピールします。

「エヴォルーツ99VSP」の外観

買ったばかり、使用前の状態の写真を載せます。
マイクロフラッシュというカラーです。

 

「エヴォルーツ99VSP」の特徴。4つの注目ポイント

ここでは釣り場で使う前に注目したポイントをまとめます。
  1. 小型サイズ(99mm)という事
  2. 大型フック搭載可能
  3. 2フック仕様という事
  4. 魅力的なカラーラインナップ

以下に詳細を書きます。
↓ ↓ ↓

1.小型サイズ(99mm)という事

(※写真上14cm、中央13cmのルアーです)

小型サイズのルアーはヒラスズキ狙いでは外せません。

13cm前後のルアーで全く反応がなかったのに100mm未満のルアーに変えたら途端にヒットしてきた、なんて事を僕は結構経験しています。

シブい時にこそ釣れるのは、ほぼ小型サイズだったりしますし。

そこで「エヴォルーツ99VSP」は99mm15gでフローティング。

この数値だけ見ても、よく飛んでくれて、スロー引きが出来るルアーだなと予測できます。

「ヒラスズキ釣りで使える小型サイズのルアー」という位置付けをしていいスペックを持っていると僕は思いますね。

2.大型フック搭載可能

台紙の記載にありますが、適合フックは#6〜1で、装着してあるフックは#3。

かなり幅広い設計となっています。

小さめのフックならより動きがよくなる反面、強度が弱くなるので、ファイト時にフックを伸ばされる可能性が高くなる傾向にある。もちろん、大きめのフックならその逆ですね。

僕としては、ヒラスズキ狙いでヒット率もホールド力も高いなと思っているフックサイズは「#3」です。

これは他のルアーの場合でもそのフックサイズの印象があります。

で、もし「エヴォルーツ99VSP」の適合フックサイズ内で僕が使い分けるなら…

#2以上のサイズを使う場合は、バンバン釣れる上にデカいのしかいないなっていう時。(そんな状況なかなか無いですが)

#4以下のサイズを使うなら、流れの弱い時でもアクションさやすくしたい時や、釣れなくてシブい時に動きの違いを演出したいなって思った時。

な、感じでしょうかね。

3.2フック仕様という事

実のところ、ヒラスズキ狙いでは、僕は2フック仕様が好きです。

まぁ、3フックのルアーも使っていますし、そのホールド力の高さは実感しています。

でも、なぜに2フック仕様が好きなのか?

それは、メンテが楽、だからです。

なんだかんだコストパフォーマンスに優れている感じなんですよね。

ヒラスズキ釣りって、磯という釣り場での舞台になる上に、岩とかの障害物の付近にルアーを通す事が多いんです。

つまり、フックの針先をぶつける確率が高い。

だから、フックを交換する事が多くなるんですよね。

そこで、3フック仕様だと、その交換数も必然的に多くなる…んです。

だからと言って、3フック仕様のルアーを2フック仕様にしようものなら、動きが悪くなってしまう事がほとんど。

ヒラスズキ釣りで使うルアーは、流れとかに敏感に反応してくれるルアーの方がヒット率が高くなる印象が強いので、コスパだけを考えて2フック仕様にする事は得策とは言えません。

だから、元から2フックでバランスが取れているって僕にとっては利点と思ってます。

4.魅力的なカラーラインナップ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヒデはやし(@hidehayashi.1972)がシェアした投稿

カラー豊富である上に、みんな魅力的なカラー揃い…

もちろん、使うカラーには「釣り人の好み」という偏った視点があって良いと僕は思ってます。

そこで、こうカラーが豊富である事は、釣り人ひとりひとりが持っている「その釣り人だからこその好み」に応えてくれやすくなりますよね。

僕が使い分けるなら…

  • ナチュラル系
  • ナチュラル系クリア
  • 膨張型のクリア系(色の着いたクリア系)
  • 膨張系のパール系
  • 異色系

以上の様なカテゴライズで使い分けたいです。

…とはいえ、ヒラスズキ狙いで「エヴォルーツ99VSP」を僕が使う時は「シブい時」になりそうなので、僕にとってはシブい時に実績のある「クリア系」の出番が多くなるかな、と思ってます。

 

「エヴォルーツ99VSP」をヒラスズキ釣りで使ってみてのインプレ(使用感)

  1. キャスト時の飛行姿勢がよく、よく飛ぶ!
  2. 標準#3フックだけどアクション(動き)良し!
  3. リップは小さめだけど、水噛み良し!
  4. すごく耐久性ありそうなボディ素材です。
  5. シブい時こそ強いクリア系カラーが魅力的!
  6. ヒラスズキ狙いで100mm未満のミノーが使えるのは有力だ!

って感じです。

因みに僕がテストした時のタックルは、

  • ロッド:ヤマガブランクス バリスティックヒラ11MH TZ/NANO
  • リール:ダイワ キャタリナ4000H
  • ライン:PE2号200m
  • リーダー:フロロカーボン7〜12号

です。

以下に詳しくまとめます。
↓ ↓ ↓

1.キャスト時の飛行姿勢がよく、よく飛ぶ!

エヴォルーツ99VSP」は磁石でくっつくタイプではありませんが、重心移動システムが搭載されています。

ウェイトがキャスト時以外にはルアーの中央付近にとどまっている感じですね。

この重心移動システムに加えて、リップが小さめなので、ルアーが飛んでいる時の空気抵抗も少なめと予想できます。

だから!

よく飛ぶ!

んです。

飛行姿勢も安定してて、ほんとよく飛んでくれました。

ペンシルと同じ様にとまでは言いませんが、100mm未満のサイズのミノーの中ではかなり飛ぶ方と僕は思いましたね。

2.標準#3フックだけどアクション(動き)良し!

99mmで#3フック…

そのサイズでは大きめなフック設定の印象があります。

がしかし!

よく動いてくれました!

よく設計されています。

まぁ、シーバス(マルスズキ)を釣る事を考えてるはずのルアーなので、動きに関してはめちゃくちゃ意識されているであろうと予測はしてましたけど。

また、僕の印象ではありますけど、実のところ動きに関しては、サイズが少し大きい「エヴォルーツ120F」より機敏さを感じましたね。

3.リップは小さめだけど、水噛み良し!

強い流れでも、水面に飛び出しにくかった!

横風時でもルアーが飛び出しにくく操作しやすかった!

です。

ほんと、ペンシルにちょっとだけ突起物が追加されただけ、くらいの小さなリップなのに、水噛みは良かった印象です。

まぁ、足場の高いところから足元を狙うところまで対応しているとは言えないですけど、それ以外なら結構幅広く使える感じの水噛みの良さがあると思いましたね。

4.すごく耐久性ありそうなボディ素材です。

こんな小さなリップ、ぶつけたらすぐに折れそう…

と思いきや、なかなかの耐久性がありそうです。

実際にバシバシぶつけて実験したわけではありませんけど、このルアーに使われている素材にはすごく耐久性があるのを僕は感じました。

こればかりは数値で比較とかできないので、言葉ではお伝えしにくいのですけどね。

1つ、見た目から予測できると言えば、太いアイ(スナップ等と繋ぐ金属の輪っか)が使われている事でしょうか。

他社のルアーと比べてみてもアイのゴツさが分かります。
(写真下14cmのミノー、中央13cmのミノーです)

このアイですけど、99mmというサイズのルアーにしてはかなり太いのではないでしょうか?

こんな太いアイに耐えうるボディ素材って…

って考えると結構な耐久性を持たせた素材を使っているのでは?

と僕は思うのです。

いずれにしても、頼もしいグッドポイントと僕は思ってます。

5.シブい時こそ強いクリア系カラーが魅力的!

今回僕が使ったカラーは「マイクロフラッシュ」というカラー。

 

シルエットがはっきりしない、けど確実にそこに何か居ると思わせるパワーを持つクリア。

加えて99mmというヒラスズキ狙いで使うルアーとしては小型なサイズ。

こりゃもうスレたヒラスズキでも、スイッチが入るタイミングを作り出してくれそうです。

 

実際にこのカラーでヒラスズキを釣る事ができました。(釣果は後述します)

その時は色んなルアーで散々叩きまくったポイントでのヒット。

僕としては、シブい時にこそクリア系カラーは強いという印象を持ってます。

 

そこで「エヴォルーツ99VSP」は、カラーラインナップを見てみても、クリアの要素を含んだ魅力的なカラーが多め。

これはクリア系カラーでのヒットパターンを広げられそうですね。

6.ヒラスズキ狙いで100mm未満のミノーが使えるのは有力だ!

ヒラスズキ狙いにてよく使うor使いやすいルアーのサイズって13cm前後の印象です。

でもそのくらいのサイズのルアーで釣れる時って、ヒラスズキの活性が高い状態にある時がほとんどではないでしょうか?

まぁ、ヒラスズキ釣りって、1箇所でネチネチやる、というよりは活性の高い魚を釣って行く、いわゆるラン&ガンスタイルの方が効率が良い時が多いです。(僕の場合はそうです)

でも!

全体的にヒラスズキの活性が下がる時があるんです。

それは「産卵期」の付近。

時期は地域によってズレがありますけど、2、3月あたりでしょうか。

僕は、この時期付近では釣れない印象がすごくありますね。(※逆に大型が釣れるみたいですけど、数は少ない印象です。)

この活性が低い時に活きてくるのが、こういった100mm未満とかの小型のルアーです。

13cm前後のルアーを投げて反応なかったけど、100mm未満のルアーに変えたら途端にヒット!

なんて事は多々あります。

もちろん、産卵期付近ではなくても魚の活性が下がる時はあるので、そういった時にも小型のルアーは有力。

そこで「エヴォルーツ99VSP」は大型フックも背負えて、かつシブい時に実績のあるクリア系カラーが豊富。

活性の低いorスレたヒラスズキには持ってこいなポテンシャルを持ってますね。

 

ヒラスズキ釣りで「エヴォルーツ99VSP」のおすすめな使い方(主なヒットパターン)

  1. フック設定は標準フックで充分
  2. 基本スロー引き
  3. 100mm未満のルアーを遠くに飛ばしたい時に使う
  4. 12〜14cmクラスの大きいルアーでヒットしない時に使う
  5. シブい時はクリア系カラーを使ってみる
  6. 小型サイズ&クリア系カラーという要素を同時に使う
以下に詳しくまとめます。
↓ ↓ ↓

1.フック設定は標準フックで充分

元々装着されていた標準フック(#3)で実際に釣れてます。

60cmクラスではありますが、充分やりとりできました。

僕がよく使っている「がまかつトレブルフックSP-MH」シリーズではないみたいですけど、それに似たフックが付いていますね。

2.基本スロー引き

このルアーをヒラスズキ狙いで使う時は、ほぼ、シブい時、ですよね?

でしたら、スロー引きを基本にしておくことをおすすめしたいです。

棒みたいな状態から動き出す、そのギリギリの速さをコントロールしながら、不意に来る流れにイレギュラーアクションさせる…

様な感じができれば僕は良いなと思ってますね。

3.100mm未満のルアーを遠くに飛ばしたい時に使う

エヴォルーツ99VSP」はヒラスズキ釣りでは小さめのサイズ99mmで、15gの重さがありながらもフローティングのミノー。

100mm未満クラスのフローティングで15gのミノーってなかなかないと思います。

加えて、前述しましたが「エヴォルーツ99VSP」はフック#3を背負いながらショートリップではあるものの、動きは充分なポテンシャルを持っています。

共にそのショートリップである事は、キャスト時の空気抵抗を少なくしていると予測できるので、飛距離を出すことにも有利に働いていると思えますね。

そして重心移動システム搭載。

頼もしい要素満載です。

 

ちょっと遠いあのサラシに小型のルアーを通してみたい…

シンキングミノーじゃなく、

ペンシルじゃなく、

ゆっくり引いてもよく動いてくれるフローティングミノーはないか…

そんな時こそ「エヴォルーツ99VSP」を是非とも使いたいですね。

4.12〜14cmクラスの大きいルアーでヒットしない時に使う

ヒラスズキ釣りでよく使う13cm前後のルアー。

それでラン&ガンしてて「この地形でこのサラシなら出るでしょ…」って時に出ない。

そんな時に出くわしたなら、小型サイズである「エヴォルーツ99VSP」を是非とも使ってみて欲しいです。

 

また、13cm前後のルアーで散々叩きまくった場所、もしくは先行者に叩かれたところでも使ってみて欲しいですね。

13cm前後のルアーでは見る事ができなかった世界が見れるかもです。

そのくらい小型ルアーは爆発力を持っています。

5.シブい時はクリア系カラーを使ってみる

クリア系カラーの特徴と言えば↓

  • シルエットがはっきりしない。
  • フラッシングは乱反射的、かつアピール力は強い。

これ、つまりは↓

  • ルアーの大きさをごまかせる。
  • 遠くに離れた魚にも「何かが居る」と思わせる事ができる。
  • 「小さいベイトのかたまり」という演出もしていると予想できる。

要するに↓

  • シルエットがはっきりしているルアーとは区別できて別物として使える。
  • マイクロベイト系として使える。

注目したいのはクリアカラーを「マイクロベイト系」で使うということです。

僕のこれまでの釣果からになりますが、口のデカいヒラスズキでも、4cm前後の小さいベイトしか食べていない時がありました。

おそらくですが、ヒラスズキも「消化しやすいものを食べたい時がある」と思ってます。
※生態行動学の視点からまとめてある以下の記事も僕は参考にしました。
スズキは何を基準に餌を選ぶのか 

僕の実体験では、産卵後とか早く体力を回復させたい時とか、水温変動が激しく活性が下がっている時とかは特にその傾向を感じる時が多かった様に思います。

 

そんな時に、クリア系カラーが豊富な「エヴォルーツ99VSP」は頼もしい。

釣り場の水質や透明度、ベイトの色、光量とかに合わせて使い分けると良いと思います。

でも迷うなら「マイクロフラッシュ」っていうカラーがおすすめですね。

実際にそのカラーでかなりシブい時に釣っています。

6.小型サイズ&クリア系カラーという要素を同時に使う

「小型サイズ」と「クリア系カラー」の有効性は前述しました。

そこで、このパワーを同時に使うこと。

これ、かなり有効だと僕は思ってます。

エヴォルーツ99VSP」を使う時って、ヒラスズキの活性が低かったり、居るベイトが小さかったりして、なかなか釣れないシブい時ではないでしょうか。

そんなシブい時こそ、の手段の1つです。

ルアーが持っている要素を掛け合わせて使う考えはおすすめしたいですね。

ルアーをピンポイントで選びやすくなると思います。

 

「エヴォルーツ99VSP」での釣果

めちゃくちゃシブい時に釣らせてくれました!

 

「エヴォルーツ99VSP」のインプレまとめ

本記事は以上の内容でまとめました。

 

活性高くてバンバン釣れる時って、正直、どんなルアーでもいいだろ、ってところがあります。

でも、シブい時は、サイズも動きもカラーもピンポイントに求めたくなってくるもの。

 

そこでシブい時こそ有効な1つ、小型のルアー。

でも、小型になればなるほど、飛距離が出せなくなる。

かといって、小型のまま飛距離を重視すれば動きが悪くなる。

 

けど「エヴォルーツ99VSP」は、

小型だけど飛距離も出せて、動きも良い!

絶妙なバランス感のあるミノー!

ですね。

これからも僕のヒラスズキ釣りに大いに活躍してくれる事と思ってます!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

どうも、釣りキチ隆(@takashyman)でした!

本記事で紹介のルアー