青物タックルおすすめ

【青物ルアーおすすめ】「ダイワ セットアッパー125S-DR」(ミノー)徹底インプレ![レビュー]

こんにちは!釣りキチ隆(@takashyman)です!

青物狙いのルアーとして高いポテンシャルを秘めている「ダイワ セットアッパー125S-DR」。

どう特徴を捉えていますか?

どんな風に使いますか?

ルアーの特徴や使い方を知る事は、状況に応じて使うべきルアーを選びやすくなります。

釣り場の状況がそんな感じなら、こんな特徴を持ったルアーが使いやすい…っていう様な感じで。

同時に使っている時の納得感も増えるので、より楽しくもなりますね。

 

本記事を読んで分かることは、

っていう感じです。

今回はあくまで僕の場合の1例にはなりますけど、その特徴や使い方などを含め、青物狙いでの視点で「ダイワ セットアッパー125S-DR」を徹底インプレします!

 

また、本記事とほぼ同じ内容を動画にもまとめています。

動画の方が理解しやすいところもあると思いますので、良かったら、動画も参考にしてみて下さい。

 

でも、じっくり文字で読みたい方は本記事をこのまま読み進めてみて下さい。

 

すぐにこのルアーの詳細を販売サイトで見るならこちら▼

「ダイワ セットアッパー125S-DR」のスペックと外観

↑パッケージはこんな感じでした。

「ダイワ セットアッパー125S-DR」のスペック

ダイワ セットアッパー125S-DR」のスペック

  • 長さ:125mm
  • 重さ:26g
  • 付属フック:ST-46#6
  • 付属リング:#3
  • 潜行レンジ:MAX 2m over
  • アクション:ハイピッチタイトウォブンロール
  • 飛距離:MAX 79.5m Ave 77m(メーカーテストによるもの)
  • 磁着重心移動システム搭載
  • ロングリップのミッドダイバータイプ
  • スローシンキングタイプ
スペックから見える特徴的な事は、ロングリップのミッドダイバータイプ、そしてよく泳ぐ動く(アクションする)事を保持しつつ、飛距離も出せるウェイト設計をされたであろうミノー、って感じでしょうか。

あと、青物狙うにはちょっとフックとリングは弱いかな、というところですかね。

「ダイワ セットアッパー125S-DR」の外観

とてもシンプルな見た目でどこにでもある様な感じのミッドダイバーミノー…

と思いたいところですが、実は細かいところまで考えて作られた、っていう様な感じの中身のしっかりしたミノーな印象です!

 

「ダイワ セットアッパー125S-DR」のおすすめフックセッティングと実際の使用例(タックルデータ)

「ダイワ セットアッパー125S-DR」のおすすめフックセッティング

スペックのところで触れましたが、ダイワ セットアッパー125S-DRに付属しているのは、フック「ST-46#6」とリング「#3」です。

僕としてはこのフックセッティングでは60cm(3kg)以上とかの青物を仕留めるにはちょっと心細い感じです。

堤防とかファイトに時間をかけられるところならともかく、魚に主導権を握られてラインを切られる可能性の高い地磯などでは使い物にならないフック&リングと僕は判断しますね。

という事で、僕はこうしてます。

フック&リングのサイズを大きくし、2フック仕様へ。

狙う魚のサイズに応じてフック&リングのサイズを変えますが、小さくてもフックは#3、リングは#4のサイズは欲しい感じです。

因みに上記写真の右側にあるプライヤーはフック&リングの脱着に使っているものですが、あると便利ですよ。

 

それで、フック交換後の重さは…

28gとなりました。

交換前は26gだったので、2g増という感じですね。

このフック交換によって、ルアーの動きに違いが出てくると思いますので、それを考慮しての交換をおすすめします。

※因みに上記写真の設定(#2フックと#3リング)では、僕としては青物狙いでは問題がない動きをしてくれました。

「ダイワ セットアッパー125S-DR」の実際の使用例(タックルデータ)

僕がダイワ セットアッパー125S-DRを使う時のタックルなら…
  • ロッド:ライトショアジギング&ショアジギングやヒラスズキロッドのMHクラス以上
  • リール:PE2号が150m以上巻けるもの
  • PEライン:1.5号以上
  • ショックリーダー:8号(30lb)以上

↑大まかにはこんな感じでしょうか。

 

それで、今(本記事投稿時現在)、僕が実際に使っているタックル実用例は以下の様な感じです。

その1▼

その2▼

少しゴツめとかなりゴツめの2パターンで使う事が多いです。
※少しゴツめという方ではヒラスズキタックルとかでも僕はよく使ってます。

 

使い分け方としては、

  • 少しゴツいタックル→飛距離を出したい時、色々なアクションをさせたい時。
  • かなりゴツいタックル→ただ巻き用、大型狙い。

っていう感じでしょうか。

それで、より飛ばせてよくアクションしてくれるのは、「その1」の方のタックルだという事もあり、僕にとって使う機会が多いのは「その1」の方のタックルです。

因みに「その2」の方のタックルでより飛距離を出したい時や色々なアクションもさせたいなら、このミノーの同シリーズで1サイズ大きい「ダイワ セットアッパー 145S-DR」の方が適している感じです。

 

「ダイワ セットアッパー125S-DR」の実際の使用感とおすすめポイント

ここでは実際の使用感がそのままおすすめポイントにもなるところもあるので、一緒にまとめます。
  1. 飛距離良し!
    ・キャスト時、重心移動システム&空気抵抗を考えて設計されたボディによってか、ロングリップではあるものの飛行姿勢が決まる時が多く、飛距離が出しやすい!
  2. アクション良し!
    ・ミドル〜ファストリトリーブでのただ巻き時の安定したブリブリアクションが魚に見切られにくそうで魅力的!
    ・トゥイッチ&ジャークさせた時にヒラ打ちするのが魅力的!
  3. ハードな状況で使いやすい!
    ・リップがよく水を噛むので、横風の時でも使いやすく、足場の高いところでも水面に飛び出しにくく使いやすい!
  4. 耐久性良し!
    ・リップ部分も含めボディ全体、粘りがあり耐久性がある素材で作られている様で破損しにくく頼もしい!
    ・今回紹介のカラーは塗装が強い様で、岩とかにぶつけても大きく剥がれにくい!
  5. 潜行レンジは割と浅め。
    ・「MAX 2m over」とあるも僕個人的な判断では、50〜200cmってところ。

ほんとこのミノーは飛距離も出せて、動きも良しと、すごいポテンシャルを持ってます。

ロングリップのミノーって、その長いリップが邪魔をして飛ばしにくい印象がありますけど、これは違います。

まぁリップの下側がそんなに出っ張らない様な設計になっているのも、飛んでくれる理由になっているとは思いますけどね。

加えて重心移動システムもしっかり機能している感じで、飛んでいる時もそんなにフラつかず、毎度のキャストで良い飛行姿勢をしてくれます。

また、飛距離だけでなく、動きも良い感じですね。

ルアーって、重ければ飛距離が出しやすいと思えますが、重いと動きが悪くなる傾向にあると思います。

そこでこのミノーはそのウェイトとかのバランスが絶妙です。

飛行姿勢が抜群で飛距離がすごく出しやすく、平打ちもさせやすいと動きも良い、とほんと色々な方向から計算されて設計されたミノーですね!

 

「ダイワ セットアッパー125S-DR」のおすすめな使い方

  1. 使える場所
    ・青物が回遊しそうな、堤防、漁港、磯など。(逆に遠浅なサーフとかでは使いにくい)
  2. ハードな釣り場で使う
    ・水面から飛び出しにくいので、横風が強い時でもしっかりアクションさせて引いてきたい時に使う。
    ・水面から飛び出しにくいので、釣り場の足場が高いところでも足元までチェックしたい時に使う。
  3. 有効レンジ
    ・50〜200cm
  4. 有効アクション
    基本、中〜高速のただ巻きだけど、トゥイッチやジャークさせた時に平打ちするアクションが出来る事も覚えておく。
  5. スレた魚への一撃!
    ・見切られにくいアクションをする、かつ食わせ力がある感じなので、魚が見えるのに食わないというスレた魚への一撃!
    ・ボイルやナブラがあるのに、トップ&シンキングペンシルで反応がない時。
    ・ベイトが居るのにシンキングペンシル系、(ショア)ジギング系で反応しない時。
  6. 例外的な使い方
    ・ただ巻きでもヒットするので、ショアジギングとかで疲れた時、身体を休ませながらでも魚を狙い続けたい時。

上記の中でも特に意識したいのは以下の3つですかね。

  • ハードな釣り場でもきっちりとアクションさせるぞ!
  • ペンシル系やジグ系に反応しないスレた神経質なヤツに一撃!
  • 腕休めしちゃってるけど、ガチで狙ってるんです!

な感じで使ってみて下さい!

 

「ダイワ セットアッパー125S-DR」での釣果

実はこのルアーで結構な数をヒットさせているのですが、バラしてばかりでキャッチ出来てないのです…

釣果…きっとありますので、キャッチ出来次第ここに載せます!

 

「ダイワ セットアッパー125S-DR」インプレまとめ

本記事は以上の内容でまとめました!

僕にとって、結構なヒット率の好印象なミノーです!
(※キャッチは出来てないですが…)

今後、僕の青物釣りにすごく役立ってくれる感満載ですよ!

是非ともこの記事の釣果の項目に青物の写真が載せられる事を期待してます笑

 

本記事冒頭にも載せましたが、是非、動画も参考にしてみて下さい!

 

どうも、釣りキチ隆(@takashyman)でした!

本記事で紹介のルアー

その他関連アイテム▼