ワカサギ釣果・釣行記

2016年10月下旬の梅田湖でのワカサギ釣り。超下手だった釣りキチ隆の1日の様子。

2016年10月下旬に群馬県桐生市にある梅田湖にワカサギ釣りに行ってきました。

その時の大体の模様は釣果速報で既に投稿してあります。

【釣果速報】2016年10月下旬、梅田湖でのワカサギ釣り。釣りキチ隆は超下手だった模様。言い訳もあるけれど…

はい、釣りキチ隆のワカサギ釣り、超下手クソでした…

周りでは200匹だの170匹釣っただの耳にする中、僕の釣果はこの11匹だけでした。

その釣果速報で、その時の模様を大体書いてしまいましたが、今記事ではその速報には書いていない事、1日の様子等を記したいと思います。

その超下手クソだった釣りキチ隆の1日の様子。

朝7時過ぎに梅田湖入りしました。

ボート乗り場で受付、ボートをレンタル。

この時に、この1日を左右してしまう程の情報を耳にしてしまいました。受付のおっちゃんに「ニジマスは居るよ〜。かなり邪魔されてるみたいだね〜。」と。

そして電動モーターを使い出船。まずはワカサギ釣りをしている人の近くに向かい停船。

初めて買った電動リール、仕掛け等をセットし、まずワカサギ釣りを開始。

が!、何の反応もありません…

隣の人も釣れていない様でした。

それなので、僕はトラウトルアー釣りに浮気。その気持ちを生んだのもボート乗り場での受付のおっちゃんの情報が引き金でした。

でもこれまた、ノーバイト。

そして移動を決意。

違うワカサギ釣りの人の隣に停船。

そのワカサギ釣りの人はたまに釣っているのを確認。

それなら僕にも来るか!と期待するも10分、15分何の反応もありませんでした。

そしてまた少し移動し、また違うワカサギ釣りの人の近くに停船、実釣10〜15分、そして移動と、こんな事3度ほど繰り返すも一向にノーバイト。

これはマズい、と大きく移動する事を決意。

今度は誰も居ない場所まで移動し、実釣開始。

すると、いきなり反応が!

そして3匹程ゲット。やっぱりこうでなくちゃ!と活気づくも、その後は1、2匹追加程度でした。

何だか違う魚も釣れてるし…

そして、20分も反応がとれなくなると僕は直ぐに移動したりしていました。

そんな中、水面でトラウトらしき魚によるライズを見つけると、すかさずルアー釣りに切り替えルアーをキャストしたりしていました。が、トラウトからの反応は一向にとれませんでした。1尾だけニジマスらしき魚を見かける事は出来たのですが。

そして13:00頃、雨が降り始める。

14時以降くらいには、あろう事か、かなりの本降りに…。天気予報では1、2mm程度の弱い雨の予報だったのに…。

開封したての新品の電動リールもびしょびしょになりました。

この電動リール、防水ではないとの事を説明書にて確認していましたが、ちょっと心配になりました。(結局は故障もなく使い切る事ができました)

そして、移動やワカサギ釣りの実釣20分程でまた移動というのを繰り返し、その間たまにトラウトルアー釣りに切り替えたりしていました。

そんなやり方で数匹追加しましたが、結局は今記事冒頭の画像の様に11匹で納竿となりました。

そしてボート返却したのは、ボート営業時間終了10分前の15時50分。

ボート乗り場の管理人さんに今日一番釣った人でどれくらいだったか訊ねると、

「200匹!」

と返答が。

が〜ん…

でした。

でも、その僕が釣った11匹のワカサギを唐揚げにして食べましたが、

最強に美味くて、とても癒されました。

ひとつ、言っておきます。(僕自身にも)

ワカサギ釣りにラン&ガンスタイルはNGな模様です!

ま、今回僕があまり釣れなかった大きな原因のひとつに、ルアー釣りに浮気していたからというのもあると思います。ですが、ワカサギ釣りはあまり移動せず一ケ所でわりと粘って魚を集める方に考えていた方が良さそうに思いました。

また、近くで釣っている人がいたなら、それは大きな情報と捉えて、その人の近くで粘らせてもらうのが良いのでは…(その時は挨拶をお忘れなく)。と思いました。

次回、またワカサギ釣りに梅田湖に行けた時は、ルアー釣りに浮気したりせず(ルアーロッドも持参しない方がいいですね)、ワカサギ釣りに専念したいと思います。

これはリベンジ、ありますよ。

釣りキチ隆、2016年10月下旬のワカサギ釣りの1日の様子、お届けしました。

僕のワカサギ釣りタックルの詳細の最新版はこちら↓
釣りキチ隆のワカサギ釣りタックル。(随時更新)