2016年の間に僕が新しく買ったソルトルアーを5つピックアップします。
以前から持っていたルアーとかで、消耗したりロストしたりして買い足したルアーは除きます。僕が2016年の間に初めて出会い、2016年の間に初めて使い始めて良かったなというソルトルアーを5つ紹介します。

因みに2016年の僕のソルトルアーフィッシングと言えば、離島での釣りが多かったので、それに伴いヒラスズキや青物、ロックフィッシュ等をターゲットとしたルアーになっていると思います。



釣りキチ隆が2016年に買って良かったソルトルアー5選!
image


↑の画像の上から順に行きます。


1:the 砂ヒラスズキミノー!
2016年の間、このブログに何度も登場して来たルアーだと思います。これはプロアングラーのヒデはやしさんもイチオシしているルアーです。
でも、実は僕はまだこのルアーで大きな成果を出していないのですが、ものすごく実績のある情報を聞くルアーなので、それだけでも使っていて気持ちよかったです。また、実際の使用感として、127mm18gと小柄にわりと軽量な方ににも思えなくもないのですが、計算された形だからなのか距離&飛行姿勢がとても良いです。
また、泳ぎ&潜航レンジがサーフでの釣りに丁度よく感じてます。ウネリがきても水面に飛び出しにくく、また深く潜りすぎないのが良いです。砂ヒラスズキにピッタリなルアーに思っています。
それと、なんと言ってもこのカラーが独特です。少し色づいたクリア系とホログラム、派手でも地味でもない感じです。このカラー、デイゲームに強いなと思えます。魚に対して派手過ぎないクリア系で「おや?」っと思わせて近づかせ、ホログラムのフラッシュで食わせる、様な。ま、この情報は結構これまでにも言われているみたいですけどね。でも実際使ってみて、僕もそう思えました。そして、こうデイゲームでも強いと思えれば、それだけ釣りを楽しむ時間を増やせます。
利点多すぎなルアー、僕にとってヒラスズキ狙いでは絶対に外さない1軍ルアーとなりました。


2:強烈な飛距離を出すシンキングペンシル!
115mm小ささで60gはすごいです。
僕が所持しているシンキングペンシルの中では一番飛距離が出せるものになります。というより、プラグの中では一番かなと。何かとメタルジグが一番飛ばせますが、そのメタルジグの次に飛距離を出すルアーならこれになります。
魚がメタルジグでは反応してくれない時、でも遠くまで投げたい時、そんな時にこのシンキングペンシルの登場です。当たり前ですがメタルジグでは到底出せない泳ぎを見せてくれます。また、ただ巻きでも泳いでくれるので、メタルジグでのジギングで疲れた時とか、その合間に使うのにも有効です。
という事で、僕にとって1軍青物シンキングペンシルとなりました。

3:使いやすさNo.1の青物狙いフローティングペンシル!
僕が使いやすいなって思う事の中で大きな事は「飛距離」なのです。
そこでこのルアーはその思いにかなり応えてくれています。このルアーを実際に投げる前は、重心移動システム搭載とはいえ、こんな太いシルエットじゃあまり飛ばないだろうなと思っていました。が、実際に投げてみた時、良い飛行姿勢が決まる時が多く、決まった時はかなりな飛距離を出してくれました
また、このルアーは釣具メーカー大手のシマノ製なのですが、これ買った時に他にもシマノ製のフローティングペンシルを買いましたが、これが僕にとってはこれが一番使いやすかったです。
そして僕が所持しているルアーを見渡してみて、フローティングルアーの中では一番の飛距離を出すルアー、として位置しています。
青物1軍フローティングペンシルとなりました。

4:絶妙なサイズ&重量のミノー!
140mm51g、重心移動システム搭載、それだけで魅力的です。
まず、青物狙いには持ってこいなミノーです。
前述した2:の中で、メタルジグでのジギングで疲れた時…、とありましたが、これもそういった使い方が出来ますね。でもこれはミノーです。シンキングペンシルには出せないアピール力を持っています。シンキングペンシルに反応してくれない時に投げたくなります。
また、ルアーのサイズもヒラスズキ狙いにも良さそうな感じです。リップもはっきりとしているので足場の高い磯からも使いやすいですし、やはり重さもあるので、ウネリでザップンザップンいっている時にルアーを沈めたい時に有効に思います。
ただ巻き1軍青物ミノー、そして高い足場での荒磯1軍ミノーとなりました。

5:どん深ボトム狙いに心地良いメタルジグ!
水深がある場所でガンガン使ったメタルジグです。
流石のタングステン素材のメタルジグ、沈みが速いです。その沈みの速さから心地よさを感じる程でした。例えば2016年の夏に初めて行った佐渡島で大活躍でした。佐渡島ってすごく深いところがショアからでも狙えるんですもの。この100gのメタルジグでもフリーフォール20秒を超える事なんて多々ありましたから。
また、100gの重さを持ちながらサイズは88mm。
ロックフィッシュを狙うにはサイズも丁度良い感じもします。また、その沈みの軽快さから、深い場所でも短時間で数釣りをする時には特に有効でしょう。
どん深な場所でのロックフィッシュ狙い1軍ルアーとなりました。







2016年、1軍になったルアーばかり5選、紹介しました。
今後も大いに活躍してくれる事に思っています。

1:「エクリプス(ECLIPSE) ルアー アストレイア127F-SSR #15リアルキビナゴ

2:「シマノ ルアー オシア ペンシル 115XS PB-315N 06T スケナゴ

3:「シマノ ルアー オシア ヘッドディップ 140F AR-C 37T アルミカタクチ OT-140P

4:「タックルハウス(TACKLEHOUSE) K-TEN BLUE OCEAN BK140SW No.RS14 イワシSHG

5:「ダイワ メタルジグ TGベイト100 PHピンク



栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「釣行記まとめ

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


僕がよく利用するネットショップ
↓↓↓
楽天市場
http://www.rakuten.co.jp

アマゾン
http://www.amazon.co.jp

アウトドア&スポーツ ナチュラム