トラウト釣果・釣行記(湖)

梅田湖、朝イチ短時間の時合狙い釣行、2018年4月5日編。

どうも、釣りキチ隆(@takashyman)です。

2018年4月1日に梅田湖は解禁しました。

解禁日はもちろん行きました。
[釣行記]2018年4月1日の梅田湖解禁日での釣りキチ隆の模様。

でも解禁日はあまり良くなかったので翌日リベンジに行ったら思いの外釣れました。
[釣行記]朝イチの短時間の時合狙い釣行。2018年4月梅田湖解禁日のリベンジ。

 

ということで、うまくいったリベンジ釣行の様に、朝イチだけ釣れないかな、とまた出向く事にしました。

今記事ではその模様をまとめます。

 

朝イチの短時間でまた良い思いをしたい!と出向いた梅田湖釣行。

起床5時過ぎ…

またまた寝坊しちゃいました。

4時過ぎに一度起きましたが2度寝しちゃいました…

ささっと準備をし、梅田湖到着6時前と言うところでした。

 

今釣行の釣行時間は、6時〜7時半の1時間というところです。

その模様や、如何に…

 

実釣開始1投目からアタリが!がしかし…

釣り座に入っての1投目でいきなりグッと明確なアタリがありました。

フフフ…

今日はイけるぞ…

短時間でバシバシ釣っちゃうぞ…

なんて効率の良い釣りだ…

 

フフフ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

 

なんで?

 

 

 

 

見事なほどの無反応状態となりました…

ルアー投げども投げどもアタリがありません。

場所が悪いのかと、移動してみても…

見事なほど無反応…

 

ライズはあるのに無反応…

ニジマスのライズと思われるライズは今回の釣行間で10回は確認出来ました。

もちろんそのライズ撃ちはしましたが、いいタイミングでルアーを着水させても、うんともすんともです。

 

もー、こうなったら、何でも試してやる!

と、エリアトラウト(管釣り)用のプラグまで出して探りました。

 

が、見事なほど無反応でした…

 

周りも釣れていない模様…

餌釣りをしている釣り人のウキも悠然と浮いていました。

まぁ今回の釣行間、釣り上げている姿を数回見かけましたが、だいぶ苦戦している感じでしたね。

 

良く釣れた数日前は何だったんだ…

解禁日の翌日の朝はホント良く釣れました。

餌釣りの人なんて、入れ食いな時もありましたからね。

 

そんなこんな、タイムアップが近づく…

今回の朝イチ釣行の終わりを告げる太陽の陽射し。

まぁ、日が照ったとしても釣れない事もないとは思いますが、ルアー釣りの場合は厳しい時が多いのです。

しかも今回は、日が照っていない時も厳しかった状態です。

僕には難しいかな…と。

それなので、日が照り始めてから数十分は頑張ってみましたが、ノーフィッシュのまま納竿となりました。

 

今釣行で分かった事。

  • 魚の反応がとれたのは朝イチ1投目の時の1バイトのみ。
  • ずっと快晴続きだったので、天候による魚の活性の影響は少ないと思える。
  • 餌釣りの人もあまり釣れていない事から、数が(連日釣られて)減ったのか。
  • 1尾釣れたら達成感があるけれど、ノーフィッシュで終わると忘れ物した感満載。リベンジしたい。
  • 眠気覚ましに梅田湖でのライトな朝イチ釣行は気持ちいい。

約1時間半程の釣行でしたが、色々なルアーを使いました。

が、見事なほどかすりもしませんでした。

使ったルアーはこんなところです。↓

エリアトラウト(管釣り)用のプラグを使う時なんて、肘を膝につけて安定させる様な事までして、超デッドスローで巻いたりとかやりましたけどね!

むー

 

最後にひと言。

僕が地元佐野市に帰省しているのもあと数日です。

福岡に帰る前に1尾は釣りたいです!

 

梅田湖関連おすすめ記事