釣りジャンル複合釣果・釣行記

2016年3月、新島遠征釣行3日目、ヒデはやしさんと釣りしたよ!

2016年3月、新島遠征釣行3日目、まさかのプロアングラーとの出会い。」の続きです。

感動的な出会い?から、プロアングラーのヒデ はやしさんと合流した僕等釣りメンバーは、その後、釣行もご一緒させて頂きました。

P3210109

不思議な感覚…

18

YouTubeや雑誌でよく見かける人が目の前に。普通に会話するのも、どこか地に足がついていない様な感覚が僕を覆っていました。
今回ご一緒している釣りメンバーの中に、ヒデはやしさんと知り合いのメンバーがいて、「今度会えたらいいね」なんていう事を少し前から話していましたが、あまりにも急すぎる出会いだったので、ほんと何が起きているか実感が半分なところがありましたね。

実釣開始!

49

なんだかんだ、僕等釣りメンバー4名にとっては、新島遠征釣行最終日。とても時間が限られていました。色んな思いがある中の実釣開始です。
この時は島に東よりの爆風が吹き付けていたので、島の西側に入りました。
そして海を見てみれば、時折鳥がふらついて来たり、何かしらが居る雰囲気はありました。

が、ヒデはやしさんを含め、全員ノーバイト。
簡単には釣らせてくれません。

ヒデはやしさんと僕以外、ギブアップ。
朝イチのこの場所付近の釣りで、僕以外のメンバーは、タイム…、いやギブアップ。風が冷たかったのと、みんな身体が冷えてしまったとの事で、ヒデはやしさんと僕以外のメンバーは納竿、宿に戻る事となりました。

と、いう事は…

ヒデはやしさんと2人っきりで同行!
その後、僕はヒデはやしさんと同行する事となりました。
そして、最初のポイントは見切り移動する事に。ヒデはやしさんの運転する車で島の北側の方へ行ったり、一応西側も見に行ってみたりしました。

その間、色々なお話しをする事が出来ました。嬉しい事に、僕の事をヒデはやしさんと知り合いの釣りメンバーが話してくれていた事もあり、僕の名前も覚えていてくれて、僕が移住を計画している事もヒデはやしさんは「いいね」と言ってくれました。
そういえばなのですが、ヒデはやしさんは全国を駆け巡っているプロアングラー。色んなところに拠点を持たれています。これって、僕がやろうとしている事にかなり似ているなと思いました。だからなのか、僕の移住に好感を持ってくれたのかもしれません。
ほんと、時間があれば何時間でもお話したい感じでした。

そして、ここしかないかな、という釣り場をヒデはやしさんが選んでくれて、そこに入りました。それで時間も迫っていて、そこが最後の釣り場となるところ、という感じでした。

そして、少し感動。
朝イチのポイントに入った時もそうだったのですが、ヒデはやしさん、まず僕等、僕に投げたい場所に入らせてくれるのです。この最後の釣り場でも、車を停めて2人で歩いて釣り場に向かい、釣り場付近で僕が足を止めると、ヒデはやしさんは「どうぞお好きなところに」と僕に入る場所を選ばせてくれるのです。これにはジ〜んと来てました。

最後のポイント、実釣開始!

20

ここは根が多く、真鯛の可能性があるかも、との事でした。しかもこの時、やっとこ届くあたりに鳥が突っ込む姿も見受けられ、ヒデはやしさんも「何かあるかも」との事。最後の最後にワクワクする場所に出会えて、それだけで嬉しかったです。

が、ノーバイト。

そして、僕はタイムアップ。

12744343_858391734286667_9059930916410414153_n

メンバーが迎えに来てくれました。因みに、ヒデはやしさんと繋がりのある釣友です。

ヒデはやしさんとの釣行、数時間の短い時間でしたが色々な事を感じる事ができ、とても濃すぎる時間を過ごさせて頂きました。こんな遠征釣行になるとは全くの想定外でしたし。これに釣果がもっと重なっていれば更に良かったんですけどね。でもそのストレスも、次回への期待に変えたいと思います。

ヒデはやしさんありがとうございました!

さて僕はこれにて納竿。色んな思いを残すも、帰らなきゃです。
釣りはもうしませんがこの新島遠征釣行記は続きます。