梅田湖

これからが旬のワカサギ釣りは梅田湖で(2014年10月)

しばらく行けていない梅田湖をウェブにて調べたらこんなものが!

26umedakowakasagi-taikai
両毛漁業協同組合公式ホームページにて発見。

なぬ!
でした。残念ながら僕は気付くのが遅く、今年は参加出来ませんが、来年や必ず!と思いました。

そうです、この梅田湖、ワカサギ釣りも盛んなんですよね。
でも氷がはる湖ではないので、氷上ではなく水上ですけど。

僕は、ほぼルアーマンですが、ワカサギ釣りは好きなのです。
年に一回は行きたいなと思うのです。
でも前回行ったのは確か2年前ですが。

と、その2年前の時の釣行の画像データを発見しました。
僕の自主制作釣り番組「Set Beat Channel」の第一回目に少し出てくるものですが。
24
24
何故にこんなに笑いジワを寄せているかと言いますと、
この日のワカサギ釣行、午前10時〜15時くらいの5時間程の釣行だったのですが、キャッチ出来たのはこの1尾だけだったのです。
ワカサギ、5時間で1尾ですよ。
過去に同じこの梅田湖で僕は100匹以上釣れた事もあるのですが、その釣行よりもこの1尾だけ釣れたこの釣行が一番印象に残っています。
めちゃくちゃ嬉しくて、この1尾が釣れた時、声もあげちゃった記憶もあります。

でも、はっきり言って、この1尾が釣れた時の釣行、僕はワカサギ釣りをなめていたんですよね。
簡単に釣れる事の多いワカサギ釣り、行けば釣れるだろう、過去にも100匹くらい釣れた事もあるし、と。
でも、実際釣り始めると、なかなか釣れない釣れないと時間が過ぎて行き、でも、途中見かける釣り師は結構釣っているのです。
僕だけ釣れてない、何故!?
竿2本まで出して超本気に竿先を見つめるも、…。
そんなこんな、気付けばボート返却時間の1時間前。
え〜、ワカサギ釣りに来てボウズ!?
なんて予感満載でした。

そんな時、近くでバンバン釣っていた釣り師が、
「じゃ、頑張ってねぇ〜」
とその場をボートで去った時、僕はここしかない、と思いました。

「あの釣り師が釣っていたところに餌を落とせば釣れるはずだ!」
と。
それでようやく、手にした1尾だったのです。
39
でも、その後はアタリはあるもののなかなかのらず、結局、手にする事が出来たのはこの1尾のみだったのです。

何とも、何かを痛感する事が出来た思い出に残る釣行となったのでした。
でもこの1尾のおかげで同時にものすごい嬉しさを僕に与えてくれましたね。

と、1尾釣るもの難しかったワカサギ釣行でしたが、↑の釣行時期はワカサギ釣りでは終盤の3月でした。時にはとてもシビアになりやすい時期でもあったのかもしれませんね。
それと、僕がワカサギ釣りに関してあまり知識が無かったとも言えます。
僕は、ひょいひょい場所を動いてしまったのですが、冷え込む時期は一ヶ所に留まって魚を寄せた方がいい、という事を耳にしたのです。敗因はそれだけじゃなさそうですが、敗因の大半を占めそうですね。

因みに、↑の1尾が釣れた時の釣行は2012年3月。
43
僕が常日頃気にしている放射線数値は低かったですね。

この梅田湖は、ワカサギに関しては現在も放射線等のチェックはしているみたいです。
H26年度梅田湖ワカサギ放射性物質検査調査釣果情報

この記事の投稿は、2014年10月28日。
梅田湖はワカサギ釣り解禁したてです。
旬なのですね。
でも僕は10月、11月というと海に行きたくなってしまうので、なかなか海には行かない2月、3月にこのワカサギ釣りをしたくなるのですが、来年こそは、この梅田湖の大会に出場したいと思っています。
でも大会に出ようとは思うものの今のところ、このワカサギ釣りに使うタックルは、1セット2000円を下回る、竿&リールセット、を使いますけどね。因みに僕は上州屋で買ったものです(↑画像内)。
僕にはそれでも充分に楽しめるのです。

海にて、大型の魚を狙いたい意識の強い僕です。
なのにワカサギ釣り。
理由ははっきりしないのですが、このワカサギ釣りって、何かの「最高峰」的なものを僕は感じるんですよね。