釣りキチ隆の視点

四六時中釣りをする事が出来れば それはすべての時間を楽しめる方程式となる by 栗原 隆

カテゴリ:タックル編

ルアーの結束、スナップorリング?ルアーとライン(ショックリーダー)との結束、大概は「スナップ」か「リング&スプリットリング」か「特殊なリング」になると思います。もしくはそれらを使わずに、フリーノット等のノットを利用した結束が考えられますが、それはルアーの動 ...

ショア青物狙いでのショックリーダーの選び方、7個の要点。素材:僕はフロロカーボン長さ:1m前後が使いやすいショックリーダーの太さと、ルアー重量、PEライン、魚のサイズとの関わり魚の特徴結束(ノット)釣り場の状況メーカーやシリーズによる強度や使用感等の違い1.素 ...

僕が2017年の間に買って良かった釣具関連品、その中で僕がよく利用しているネットショップ「アマゾン 」または「楽天」でも買えものをまとめてみます。(品切もあると思いますが、ご了承を。)因みに「2017年買って良かったものまとめ。(日用品関連)」の方の記事では日用品 ...

これまでに僕が数多く釣った青物のサイズと言えば、4、50cmで、最大90cm台のブリでしょうか。それなので、1m以上の青物狙いには、予想も含まれますが、メタルジグでのショアジギング(ライトショアジギングも含め)とミノーやペンシルやバイブレーションでのショアプラッギン ...

これまでに僕が数多く釣った青物のサイズは4、50cmで、最大90cm台のブリでしょうか。それなので、1m以上の青物狙いには、予想も含まれますが、メタルジグでのショアジギング(ライトショアジギングも含め)とミノーやペンシルやバイブレーションでのショアプラッギング等での ...

これまでに僕が数多く釣った青物のサイズは4、50cmで、最大90cm台のブリでしょうか。それなので、1m以上の青物狙いには、予想も含まれますが、メタルジグでのショアジギング(ライトショアジギングも含め)とミノーやペンシルやバイブレーションでのショアプラッギング等での ...

今記事では青物狙いで軽快なライトショアジギングからガチなショアジギング&プラッギングまで使えるものの中で、僕が実際に使っている、またはこれは是非とも使いたいタックルをまとめます。僕の釣り趣向的に、主に60〜80cmクラス狙いのものに偏っていると思いますが、参考に ...

ショックリーダーを作っているメーカーってたくさんありますし、同じメーカー内でもたくさんありますよね。そこで、僕がこれ!と落ち着いているショックリーダーがあり、これまでに3記事に小分けして書きました。今記事はその3記事からのまとめです。0.4〜22号のショックリー ...

これまでに、「1.5号〜10号の太さのショックリーダーなら「シーガー グランドマックスショックリーダー」が間違いなし!おすすめな理由。」「12〜22号の太さのショックリーダーなら「シーガー プレミアムマックスショックリーダー」が間違いなし!おすすめな理由。」 という ...

「1.5号〜10号の太さのショックリーダーなら「シーガー グランドマックスショックリーダー」が間違いなし!おすすめな理由。」という記事をつい先日投稿しました。では、上の記事リンクで紹介した1.5〜10号の太さのショックリーダー以外の太さはどうすれば良いのか…。はい、 ...

ショックリーダーっていっぱいある…PEラインを使用する場合、不可欠なのがショックリーダーです。でも、ショックリーダーと言っても、製作メーカーもたくさんあり、シリーズもたくさんあり、どれを選んだら良いか迷います。でも、太さが1.5号〜10号の太さなら、これで間違い ...

ハイパーデジギヤのすごいとこ、とにかく耐久性がすごいんです。ダイワのスピニングリールで、ほぼ上位に位置している中のいくつかのリールに搭載しているもので、「ハイパーデジギヤ」というものがあります。これ、すごいです。因みに僕もその「ハイパーデジギヤ」が搭載し ...

1日1バイトで終わる事も珍しくないヒラスズキ釣り。その1バイトまで導くのはルアーが左右しているかもしれません。が、その1バイトをものにするのは紛れもなく、フックです。ただ太く強いだけでも刺さりが悪かったら釣れる確率を下げてしまします。また刺さりが良くても太す ...

アジングの面白いところ。アジはアクセスしやすい漁港にも居て手軽に釣ることも出来る。小さいサイズでも美味しく食べられる。小さくても刺身で美味いって優秀!数釣りするのも価値を感じれ(美味しいから)、面白い。大きいのは50cmクラスも居て記録を求めるのも面白い。居 ...

ヒラスズキ狙いでのロッド選びで僕が思う7つの事。長さは10ftは欲しいところ。サーフならば短くても対処出来る事が考えられるが、磯の場合は長さがないとルアー操作がしづらい状況が多い。僕としてはキャスト時にリーダーを長めにとったりもするの、11ftが投げやすく丁度良い ...

ロックフィッシュ(根魚)釣りの良いところ。釣って楽しく、食べて美味しい事の多い根魚(ロックフィッシュ)。釣りとしてはなかなか渋い事の多い、真っ昼間でも釣れる事も多いので、是非ともターゲットとして捉えておきたい魚です。僕自身、海でのルアー釣りといえば、青物 ...

鬼のフッキング、鬼アワせ、高速ゴリ巻き…手や腕どころか、腰や足まで使っての魚とのやりとり…そんな大きな1尾を是非とも釣り上げたいものです。やはりそこで外せないものの1つは強靭なロッドです。僕がロッド選びでまず気にするのは、長さ、ロッドの重量、ルアーウェイト ...

使用PEライン、細くて0.2号→0.15号に変更しました(2017/6/4)今記事では、僕にとっての初めてのアジングのエピソード、感じたアジングの特性、特性から思う事、それらから選びたいロッドをピックアップ、etc…、という様に進めます。僕にとっての初アジング、ロッドでそん ...

ショアから青物狙いでのルアー釣り、使うルアーとして、メタルジグと並んで出てくるのが、ペンシルタイプのルアーではないでしょうか。 今回はそのペンシルの中で、シンキングペンシルに的を絞ってまとめてみます。 ショアからの青物狙いで使うシンキ ...

ショアからブリ、ヒラマサ、カンパチ等の青物狙いで使うミノーの特性 青物と言えばメタルジグでのジギングが直ぐに浮かびやすいが、ミノーはただ巻き、トゥイッチ、ジャーキングとアクションが豊富で、メタルジグでのジギングにはないアピールが出来る。 メタルジグ ...


栗原 隆 プロフィール

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム

↑このページのトップヘ