僕にとって初めて手にした一眼カメラです。


ニコン Nikon 1 AW1 防水ズームレンズキット(ブラック)/デジタル一眼



タイトルにある、嬉しい2点とは、このカメラの持つ性能そのままです。
防水」と「耐衝撃
そんな機能を備えた一眼カメラがあったなんてワクワクしちゃいます。

IMG_5934

それで、僕が購入した第一の要因は、「防水」です。

というより、防水のカメラでないと、僕は不安で釣りに対する集中力が奪われてしまいます。
そして、防水でないと、釣った魚とかを写真に収める時、カメラの扱いに気を取られてしまうと思います。そしてそれが原因で時間がかかり、それを理由に魚にもダメージを与えてしまう事も考えられます。
キャッチ&リリースな釣りをしている時には、ただでさえ手際の良さが必要になってくると思います。そんな時にカメラなんぞに気を取られ過ぎてしまっていたら…。魚は命がかかっているのです。

もし、釣った魚を撮るのがただの一眼で、それが防水じゃなかったとしたら、僕はあらゆる不安を抱き集中力を奪われてしまうのが簡単に予測出来てしまいます。
写真を撮るどころじゃなくなってしまっているかもしれません。

そして、僕が思う「防水」には、単に現場での水濡れを防ぐだけではありません。
僕にとっての「防水」は、
 
後で洗えるという事です。

この保険は僕にとってはだいぶ心強いです。
(ここでいう保険とは僕の気持ちに対してです。メーカーの補償等はメーカーサイトにてご確認を。)
釣った魚を撮る時、大抵、手で魚に触っていると思います。そして、ほとんどその手でカメラを触ると思います。
そんな時、「防水カメラ」であれば気兼ねなく僕は触れます。触ります。(さすがにレンズは触りませんが)



そして、第二のポイント「耐衝撃」

これも僕みたいなおっちょこちょいには本当に有り難い機能です。
以前から他の防水カメラを使っていますが、「防水」という意識から、本当に気兼ねなく使ってしまい、単に地面に落としたり、5mくらいの湖の底にまで落とした事があります。
いわゆる、ガサツな扱いをしている時があります。
そんな僕には大きな保険です。
(ここでいう保険も僕の気持ちに対してです。メーカーの補償等はメーカーサイトにてご確認を。)



そして、おまけにもうひとつ嬉しい機能。

僕にとっては嬉しい機能なのですが、このカメラ、アダプターが必要ですが、ワイヤレス機能を持っているのです。
僕が試した機能は、撮った画像の転送。
僕はiphoneを使っていますが、アプリをダウンロードすれば、現場でカメラからiphoneに画像を転送出来ます。
これは面白かったです。出先で一眼カメラで撮った画像をネットにアップ出来るという事に。
ただ、ひとつ難点が、このワイヤレス機能を使う時、アダプターを接続しなければなりません。その時は防水機能はなくなってしまいます。それなので僕は、出先でこの機能を使う時は、雨風しのげる車の中だけで使っていますね。






と、言いながらも僕はカメラに関してあまり知識がありません。
その他、僕が知らない色々な機能があると思います。
まして一眼カメラなんて初めてなのです。
これから実際使いながら発見していきたいと思います。




そんな僕なので、ほんと、電源入れて、ほとんどオートのまま(と言うより勝手に何かの設定になっているのかもしれません。それすら分からない状態でしたが)撮った画像を載せます。

このカメラを買って間もない、今年2014年1月下旬に行った伊豆での一面を。

DSC_0011
この朝焼けは朝6時くらいだったでしょうか。
実際は結構暗くても、画像には明るく出るんだなと思いました。
三日月もくっきりではなさそうですが、僕にとっては楽しめる位の画像になっています。

DSC_0022
結構眩しく撮れるんだなと思いました。(僕にとっては)



DSC_0030

DSC_0109
水しぶきも結構細かく撮れるんだな、と。



DSC_0063
少し前から磯場でのコーヒー。ハマってます。
これは後にブログに書きたいと思ってます。


DSC_0160

DSC_0080
頑張ってくれている道具たち。



DSC_0129
今年最初の伊豆遠征にて手にした、今年最初のヒラスズキ。
(いや、50cmくらいでしたので正確にはヒラフッコでしょうか)






因に、このカメラを持ち歩く時は、大抵これに入れて持ち歩いてます。

ELECOM デジタルカメラケース ブラック ZSB-SDG006BK



レンズを付けたままカメラを一番奥まで入れると、手前に5cmくらい間が空きますが、ここにはウエスとかを入れたりしてます。
魚が居るところって、すごい景色のところが多いと思います。
そんな景色とかも、写真に収める事も何か楽しくなって来てしまった様にも感じてます。
釣りに行く楽しみが膨らみますね。