33
先日、僕は怪我をしました。
参考記事「[移住日記]怪我をして自宅警備員になった僕。でも前向きにやれる事を作り、楽しく過ごしてやります!」 

そして、肋骨を折ったかもなのでこんな記事を書きました。
参考記事「血糖値の上昇を抑えながら骨づくり(骨折)に良い食べ物がないか探してみた。

なので、今記事では、肋骨の骨折ともう1つの方の怪我の膝の靭帯損傷に対して、治療に良さそうな食べ物を探してみます。



参考にしたサイトページ。



注目した事。
  • 身体の主成分は、タンパク質の1種のコラーゲン。
  • コラーゲンを合成するにはビタミンCが必要。
  • ビタミンAは細胞の修復を促進する働きがある。
  • 代謝が下がるので炭水化物でエネルギーを。
  • オメガ3と呼ばれる良い脂肪は炎症を抑える働きがある。
つまり栄養素としては「タンパク質」「ビタミンA・C」「炭水化物」「オメガ3と呼ばれている脂肪」ですね。



注目した栄養素別の食品。

タンパク質(コラーゲン)
  • 豆腐(高タンパク低カロリーでおすすめ)
  • 納豆(高タンパク低カロリーでおすすめ)
  • 鶏肉のササミ(高タンパク低カロリーでおすすめ)
  • 白身魚(高タンパク低カロリーでおすすめ)
  • 牛すじ
  • 手羽先

ビタミンC
  • 主にフルーツ、果物

ビタミンA
  • レバー
  • 人参

炭水化物
  • 米、小麦粉など

脂肪(オメガ3)
  • サバ
  • ナッツ



やはり書いてある注意事項。
過剰摂取はNGみたいです、やはり。
そもそも、怪我をして運動量が減るはずなので、過剰摂取は他の問題を引き起こしてしまいそうですね。



最後にひと言。
いくら専門家が言った事だとして、過信しない事、を僕はおすすめしたいです。その専門家だって、日々改良改善を求め研究されている事に思いますので、変わる可能性だってあると僕は思うのです。
また、好きでもない食べ物を効果も実感出来ていないのに摂り続ける事は、全くもっておすすめ出来ませんし、それこそストレスを溜めて他の問題を引き起こしそうです。
美味しく楽しく食べられるなら、後にそれは間違いだった、としても僕は納得がいきます。そのくらいのスタンスでこれらの情報と付き合うのが良いのでは、と僕は思いますね。
とは言え、今回ピックアップした食べ物、僕にとって好きなものだらけで良かったです。