33

僕、よく怪我をするのもあり、骨折の経験もあるので、今記事では骨づくりに良さそうな食べ物をまとめてみます。



何故「血糖値」を意識するのか。
怪我をして骨折とかをした時って、身体を動かせない状態になるのが多いです。それで、動いてもいないのに血糖値を上げるのは血管や臓器に負担がかかるのではないかと僕は考えました。
また、もし糖尿病になってしまった時の為にと、予め知識として持っておきたいというのもあります。



僕が参考にしたサイト。
以前僕は糖尿病に詳しい内科医に糖尿病対策に良いインターネットサイトはないか聞いた時がありました。参考記事「内科医に勧められた糖尿病対策に参考になるサイト。そして僕が思った事。
それでその勧められたサイト内で探してみたら、やはりあるではないですか。参考に出来そうな記事が。

糖尿病の人は骨粗しょう症に注意 骨を丈夫にする食品が判明
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2015/024480.php

糖尿病の人は骨粗しょう症になりやすいみたいです。
つまり、この記事は僕が求めている、血糖値の上昇を抑えながら骨づくりに良い食べ物を調べるには適しているサイトと判断しました。因みに、この記事内にある記事リンクも参考にしました。



注目した事。
  • 大豆タンパク質と大豆イソフラボンが有効らしい。
  • カルシウムは重要だけど吸収率の悪い栄養素。
  • カルシウムの吸収を助けるビタミンD。
  • 骨を作るのを促す働きがあるビタミンK。
  • タンパク質は筋肉や骨の成分であるコラーゲンを作るのに重要。


注目した栄養素別の食べ物(食品)。
大豆タンパク質&大豆イソフラボン
  • 納豆
  • 豆腐
  • 豆乳

カルシウム
  • 豆腐
  • アーモンド
  • 魚類
  • 海藻類

ビタミンD
  • サンマ
  • うなぎ
  • 干し椎茸

ビタミンK
  • 納豆
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • ブロッコリー

コラーゲン
  • 前述したうなぎや鮭、魚の皮等に多く含まれていると判断。



けど、過剰摂取は禁物である事を意識。
なかなか良いのあるじゃん!って思いました。僕の医者では無いので、そこまで詳しく知りませんが、これらの食べ物なら血糖値の上昇は少なそうに思います。炭水化物の少ないものばかりですし。
でも、だからと言って僕はこれらの食べ物の過剰摂取は禁物と判断しています。割合ちょっと増やすだけ、くらいに思ってます。
人の身体って、様々です。この人には摂って良い食べ物がこの人には良くない、っていう事は重々考えられます。人の身体って分かってない事だらけのはずです。僕が話した事ある医師でも「昔はこうだったんだけどね〜」なんて話しを聞きます。つまり、昔は良しとされていた事が今はNGなんて事もあるのだと判断出来ます。
だから、割合ちょっと増やす、くらいに僕は思っています。



最後にひと言。
骨作りにはカルシウムやタンパク質だけではなかったんですね。ビタミンDとビタミンKの効力は初めて知りました。
まぁいずれにしても僕にとってはみんな好きな食べ物だったので、それは何かホッとしました。

実は今記事投稿時現在、釣り中に転倒し、肋骨の骨折(と思われる)と、膝の靭帯の1部切断の治療中なのです。それなので、今回ピックアップした食べ物、骨折した肋骨には良さそうなのでちょっと割合多めに食べてみる事にします。また靭帯を直すには牡蠣が良さそうですね。それは以前怪我をした時に記事に書きました。(関連記事「切り傷は、早く、より完全に、おいしい食べ物で。怪我をしたせっかくの機会に試してみます。」)
せっかく怪我しているこの機会?(怪我なんてしないのに超した事はありませんが)に試してみます。