僕は2015年5月17日に「「移住する日を決めちゃえば?」という人が現れた。あなたならどうする?僕は決めたよ!」という記事で2017年11月19日までに移住する(故郷の栃木県佐野市を出ていく)、と決め、無事実行し、2017年11月22日に福岡県糸島市のアパートに入居しました。


そしてその移住にあたり、僕はたくさんの事、仕事はもちろんの事、人間関係も手放しました。
参考記事「[移住計画]移住により進む活動の断捨離、関連記事まとめ。」 

今記事投稿時現在、僕はまだ仕事という仕事には就いてなく、ある程度の予定はあるものの、その日にやる事はその日に決める事が多い程、身は軽い感じです。



そこで、 移住する前の自分を振り返り思った事があります。
34
と。

僕は移住前の地で出来る限りの事はやりたい、と移住する準備はほぼそっちのけで色々やっていました。釣りはもちろんの事、音楽もそれに関わる習い事も…。たくさんの事に手を広げ、予定ギッチギチの毎日でした。
そして僕は、移住する1ヶ月程前に「自分で決めた移住期限まであと1ヶ月。もがいて気付く、死ぬ時もこうなのかなと。でも気付けて良かった事。」という記事を書きました。

そうなんです、やりたい事全部なんてやりきれないんです、結局。

まぁ、移住前にも予定ギチギチにして忙しくしている事が良くないなと感じた時はありましたが、それはほんと移住する数ヶ月前の事だったと思います。気付くの遅過ぎ&ちょっと頭悪いんじゃないの?ですが、僕はその時まで気付きませんでしたね。むしろ、予定を入れるだけ入れていた方が心地良かった気持ちもあったのを覚えています。



「暇」って重要です、ね。
今の世の中、ぐわんぐわん変化していっているのを、あまり情報収集していない僕でも少しは感じてます。でも、感じているのが「少しくらい」なので、そのぐわんぐわん変わって行っている変化に対し、僕は感じているだけで、結局何もしていない、のです。
移住する前の僕は特にそうでした。

つまり、忙しくしているから、変化も少ししか感じれないし、変化にもついていけてない、のです。

これって、ちょっとダサいなって思ったのです。
またこれは、ちょっと危険な事でもあるな、って思いました。世の中変化していっているのに、その対処に何もしない事が。

それなので、今現在の僕は移住により、たくさんの事を手放しているので、これから何かをしなきゃならない感でいっぱいになっています。
それは「暇」があるからですね。
とは言え、今後たくさん予定は立てていくつもりですが、どこか「暇」を忘れずに作っておくのは重要な事だと思いました。



予定、とは行動そのもの。
人生は思った様にはならないけど、行動した様にはなっていく…
これ、本当だと思います。つまり、予定を入れる、という行動により、人生はなっていくのです。日々追われている「予定」というのは、行動そのものによって出来たものです。
そして僕の場合、やりたいと思った事、全部なんて必死こいてやってもとてもやりきれない事は移住前に重々分かったので、今後は僕がやるべき事をしっかり見極めて選んで予定を入れたいと思ってます。



釣りの視点、使えるか…
釣りは、周りの状況や情報を察知し、釣れる条件を出来るだけ揃え、目的のものを狙い、釣ります。
これって、時代を楽しく生き抜く1つの視点にもなると思うのです。
今の時代を見渡し、生き抜く事を上手く釣れるか…、これは釣りの知恵も応用出来ると思うんですよね。

なら、やらねば!
石橋を叩く暇なんてありませんね。



っていう事に気付けて良かったです。移住Yeah!