期限を決めて移住する事にしましたが、
参考記事「「移住する日を決めちゃえば?」という人が現れた。あなたならどうする?僕は決めたよ!

いやー、それにより、たくさんの断捨離が進んでます。



移住により進む活動の断捨離、関連記事まとめ。
  1. 移住期限が近づくに伴い、ひとつ仕事を辞めました。(ウクレレ教室講師)
  2. 移住計画を進めたら自然に断捨離してた。物も人間関係も。
  3. 長年関わっていた即応予備自衛官を辞めました。(2017年3月)
  4. 長年関わっていた音楽講師を辞めました。(2017年3月)
  5. [音楽日記]長年習っていた音楽理論とボイトレを辞めました。
  6. [移住計画]長年従事していた仕事を辞めました。(ゴルフ場13年間)
43
移住計画が進むにあたり、仕事も辞め、習い事も辞め、会う人も減り、持ち物も減り、と思えば結構強烈な事が進んでいます。移住を決めた時、これは何となくは分かっていたことですが、仕事なんかだと、いざ辞めるとなるとすごい事だなぁと思いましたね。



でもこれは僕の内なる声に耳を傾けた結果。
僕の移住をする大きな理由は「釣り」です。
その移住により、人とも活動ともたくさん別れをする事になりました。でもそれは、僕の内なる声に耳を傾けた結果にあります。移住前の今の生活でも充分に楽しんで行けるとは思うのですが、内なる声を無視するべきではないと思ったので、実行に踏切りました。



活動の期限を決めるって面白い。
少し前に投稿した記事で「締め切りに追われて、もがいて気付いた、大きな締め切り。」や「移住を5ヶ月後に控えて僕が思う事。今を真剣に見る様になった。」という記事で書きましたが、そもそも人生は有限で締め切りがあります。死という締め切りが。その締め切りまでに自分のやりたい事が全部出来るか、といったらそうではないと僕は判断しています(参考記事「 自分で決めた移住期限まであと1ヶ月。もがいて気付く、死ぬ時もこうなのかなと。でも気付けて良かった事。」。

やりたい事、全部は出来ない、そこで、自分で決める期限というのはとても良いツールだなと思いました。僕の場合は、移住もしてみたい、けど、今の生活も充分楽しい…、そこで、期限というのはとても良い、面白い、と。
その期限により、本当に自分がやりたい事、やるべき事が見えやすくなりますからね。



最後に、
僕の故郷、栃木県佐野市での活動はもう区切りる事となります。そして移住先の福岡での活動、どの様に出来るか楽しみにしています。人も仕事もだいぶ手放しましたが、手元には知識や技術は残っているものです。それをフルに活用し、僕が注力したいものの中から注力すべきものをしっかり選んでいきます!