久しぶりの良い魚、キャッチしました!
ワラサ 72cm

すっごく脂の乗ってそうな、かなり太った感じのワラサでした。



そう、意外なところでのヒットだったのです。
釣り現場に着いた時は明るくはなり始めていたものの、まだヘッドライトが必要なくらいの朝マズメでした。

この時の僕が狙う本命の魚はブリなどの青物。でも僕は、暗い時に青物は釣れないイメージを持っていました。それなので僕は明るくなるまでは他の魚を狙おうと思いました。

それで、その時の釣り現場はウネリが結構入っていて、目の前には大きくサラシが広がっていました。という事もあり、僕はそのサラシ付近で真鯛でも釣れないかなぁと、思いました。

そうこう思いながら釣り準備をしていると辺りはだいぶ明るくなってきていました。ルアーの着水がようやく確認出来るくらいの明るさで、サラシ付近を狙うには、まぁ、問題ないくらいの明るさに思いました。

さて、真鯛でも釣れないかなぁ、の1投目。サラシの泡の切れ目あたりにミノーを着水させ、ヒラスズキを狙うかの様な超スローリトリーブ。
リールを巻き始めて15、6回転目。ミノーはサラシの中をヨタヨタ動いているだろうなとイメージしながら巻き続けた矢先、ドン!


っという感じでした。
ようやくルアー着水が確認出来るくらいの薄暗い時、岩から数メートル位のサラシ付近でのヒットでした。
これは意外でした。
青物、ブリなどの魚と言えば沖の方でヒットするイメージが強かったです。それに薄暗い時はあまりヒットしないイメージもありましたが、どちらも覆されました。ヒット直後は本当に真鯛がきちゃったか?と思いましたが、実際に上がって来た魚は、72cmのワラサでした。
何となくの予想ですが、ブリ系の魚でも、まだ暗いうちは岸際で待機しているのかなぁ、と思いましたね。

ほんと、70オーバーのブリ系の青物は僕にとってはかなり久しぶりだったのもあり、それがまた美味そうな良い魚だったものあり、めちゃくちゃ嬉しかったです。


ヒットルアー:「エイムス アローヘッド 140S」