楽しさの味を占めた前年2016年に渡良瀬川水系での鮎突き…。
参考記事「2016年9月、渡良瀬川水系での鮎突き突行記、4記事まとめ。



前年に引き続き、今年も挑戦!
僕は渡良瀬漁協組合員証を所持しています。まぁほぼ近所付き合いで毎年更新している感じでもあるのですが、僕にとってその権利を有効に使うのが、この鮎突きの時なのです。
やはり、鮎、美味いのです。まぁ、あまり水質が良くないところは美味くない個体もいるとは思いますが、去年僕が捕獲した鮎はみんな美味かったのもあり、他、何というかハンティングの感じがとても楽しかったので、また挑戦するつもりでいました。



そして、ある日の夕方…
前年良かった場所に行ってみた…

夕方だったので、行けて1ヶ所。なので前年、デカい鮎でうじゃうじゃだったところに、行ってみました。
が、
おかしい…
鮎の姿がほとんど見受けられず、確認出来た鮎は20cmくらいの1尾のみでした。



2017年の夏は雨が多かったからか…
2017年の夏は涼しい日が多く、雨も多かったですよね。しかもとんでもない豪雨の時が多かった様な。
という事もあり、雨による川の増水で鮎はもう既に落ちてしまったのか、もしくはその増水で更に上流へ上ってしまったのか…
理由はよく分かりませんでしたが、ホント、前年とは別世界でした。



でも鮎以外の魚は結構いました。
今回僕が見かけた魚は、
  • 鮎(1尾)
  • ハヤ(多数)
  • オイカワ(多数)
  • コイらしき魚(3、4尾)
  • ニゴイらしき魚(1尾)
  • ブラックバス(3、4尾)
  • スモールマウスバス(5、6尾)



結果。
IMG_5906
ボウズ!
僕が1尾だけ見た鮎は突こうとしましたが外してしまいました。そしてその後は、その1回の外しで強い警戒心を持たれ、僕の姿を見るとどこかに行ってしまう様になってしまいました。また、その場所も広かったのもあり、身を隠しながら鮎に近づく事も出来ない感じだったので、貴重な1尾に思いましたが、諦めました。


この思いは次へ!
前年良かったこの場所はもう見切って、次回は新たな場所を開拓しようと思い撤収しました。