※注:今記事は批判対象となった記事でもあります。合わせてこちらの記事も参考にして下さい。

僕が書いた記事の投稿を酷いと批判されました。



以上の記事の続きになるかと思います。
 

釣りでのある死亡事故を知り、以前、僕がこのブログに書いた記事があります。

【速報!死亡事故】2016年10月千葉県南房総の海で釣り人の死亡事故発生、非常に残念。この半年前に起きたばかりだったのに…

そしてこの記事を投稿した数ヶ月後、なんと、その事故で亡くなった釣り人(Sさんとします)のご遺族(Rさんとします)からFacebook経由で僕にメッセージが届きましたが、今記事では、その亡くなられた釣り人Sさんが、実際に海に落ちてしまう時にSさんご自身がやったであろう対処法が気になったのでまとめます。
57

ご遺族Rさんのメッセージによると…
(釣り人Sさんの)身体の傷は船にあげた時に擦ったと思われる、脛の小さな擦り傷だけでした。栗原さまがブログで促しているように、波に足を掬われた際に身を投げたんだと思います。身を守るために逆に飛び込むのは有益なことなんですね。CTでも外見でもどこも打ってはいません。
とあります。
僕はRさんからのメッセージをもらうまでは、亡くなられた釣り人Sさんの死因は、海に落ちた時に打ち所が悪くて気を失ってしまったか何かで亡くなってしまったのかなと思っていました。が、実際には釣り人Sさんの死因は心筋梗塞だったと以前の記事(冒頭の記事リンク)でお知らせしました。
でもSさんはその時に磯から海に落ちてはいるのです。でもSさんの身体はほぼ無傷だった様です。



磯から海に落ちて無傷、やはりあの最終手段は有効なのか。
磯から海に落ちて、無傷。
やはり、もう海に落ちる!という時は、思いっきり飛んでしまった方が良い場合もあるのかもしれません。
この事は以前僕は記事に書いた事もありました。
参考記事「突き師も言っていた、磯で海に落ちそうになった時の対処法の最終手段。

つまり、釣り人Sさんは海に落ちそうになった時に思いっきり飛んだのでしょう。その判断する時間なんて、1秒にも満たない間の事なのに…、流石の判断に思います。

Sさんは、ライフジャケットも着用してて、怪我をしない様に海へ飛んで対処もし、しかも周りには救助可能な同行者もいたわけです。万が一海に落ちてしまった時に助かる確率を1%でも上げておく、という事の努力はすごくしていたと判断出来ますね。
でも、流石に心筋梗塞となっては難しかったであろうとは思いますが。

だから…
落ちそうになった時に思いっきり飛ぶのは難しい、またグループでの行動を常にするのは難しい、にしてもライフジャケットの着用はそんなに難しい事ではないと思います。何度も書いていますが、水辺で釣りをするならライフジャケットは着て欲しいです。釣りでは万が一って結構ありますから。


まだ、この事故関連の事、続きます。次回はRさんのメッセージに書かれていましたが、AEDの事についてまとめようと思います。



栗原 隆 プロフィール

釣行記を一望するならおすすめ「釣行記まとめ

人気記事シリーズ「おすすめ◯選!

ブログ連動動画」カテゴリ分けして動画をUPしています。

TwitterFacebookもやってます。


僕がよく利用するネットショップ
↓↓↓
楽天市場
http://www.rakuten.co.jp

アマゾン
http://www.amazon.co.jp

アウトドア&スポーツ ナチュラム