2016年12月末、メンバー3名で新島に釣りに行きました。
その時の事、行き着いたタックル設定がありました。



その経緯…
数ヶ月前の2016年4月の新島ヒラスズキ狙いタックル設定。
P4200038
これは2016年4月の時点での僕の新島タックルですが、
ロッド:
ダイワ(Daiwa) ジグキャスター MX 106MH」    
リール:
「ダイワ(Daiwa) 14 キャタリナ 4000H」    
ライン:
よつあみ(YGK) G-soul X8 UPGRADE 200m 2.5号」 
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 2号
でした。


そして、今回2016年12月末の最初の新島ヒラスズキ狙いタックル設定。
image
大きくロッドが変化しました。(画像、リールが写ってなくてすみません)
ロッド:
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド バリスティック・ヒラ 11MH TZ/NANO」  
リール:
「ダイワ(Daiwa) 14 キャタリナ 4000H」    
ライン:
よつあみ(YGK) G-soul X8 UPGRADE 200m 2.5号」 
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 2号
でした。


でも、同じ2016年12月末の新島釣行、終盤に行き着いた新島ヒラスズキ狙いタックル設定。
PC310036
予備で持参したリールがメインとなりました。
ロッド:
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド バリスティック・ヒラ 11MH TZ/NANO」  
リール:
「ダイワ 10 セルテート 3012H」 
ライン:
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE150m 30Lb(1.5)
でした。



やっぱ道具だよ…、と思った時だった。
ロッドとリールがより軽い物へと変化しました。

数ヶ月前に使っていた、パワーはあるけどわりと重めなショアジギングロッドからヒラスズキ専用ロッドへ。リールもダイワ4000番から3000番台へ。ラインも細めへ(ただ、ラインだけは2号を使いたい感じもありましたが、使用リールのラインキャパが1.5号150mの物だったので、その太さ&長さのとなりました)
ショアジギングロッドと4000番のリールでも釣る可能性が無いわけではありません。充分釣れると思います。現に以前僕はこれで充分だと思っていましたし。
ただ1つ、目立つ物が出て来てしまいました。

それは、the 集中力。
僕は新島なら南端の方で釣りがしたいと思っていますが、その場合、その釣り場に行く事さえ、結構体力を使います。また、日本の冬の離島だからという事もあるからなのか、風が強い時が多いです。
こう、釣りをする前、キャストをする前から集中力を取られる物が多いのです。
そんな状態の中で、キャストが重いロッド、持っているだけでも重量感を感じてしまうタックル設定で釣りをしていると、より早く集中力が切れる事が考えられます。
因みに集中力が切れると何が起こるかというと、ルアー選びも操作もとても雑になったり、不意な魚のヒットも逃す可能性も高くなるでしょう。またそんな状態で釣れない時間が重なると、酷いと退屈感も出て来るでしょう。悪循環が起こりますね。
そこで今回僕はタックルを軽くしていく方に設定を変えてみました。

そしたら、より釣りに集中出来る事に気付きました。
釣りに集中出来るというか、より魚と向き合える感じがしました。
ロッドを抱えている手等から水の中を泳ぐルアーの感じはもちろんの事、ラインが波や風を受けている感じもよく感じられました。また、それらを感じる僕自身の感度も高く敏感な状態で保っていられる様に感じましたね。ま、集中力を高い状態で保っていられれば当然の事に思います。
ま、そうは言っても今回の2016年12月末の新島釣行では僕はノーフィッシュでしたけどね。でも、すごくワクワク感も増しましたし、楽しかったです。

魚を釣るにはもちろんの事、釣りを楽しむのにも道具の威力はすごいなと思いました。



新島釣行ヒラスズキ狙いおすすめタックル
ロッド:
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド バリスティック・ヒラ 107MH TZ/NANO
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド バリスティック・ヒラ 11MH TZ/NANO」  
リール:
ダイワ(Daiwa) リール 16 セルテート 3012H

ライン:
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE150m 30Lb(1.5)

よつあみ(YGK) ライン G-SOUL X8 UPGRADE 200M 1.5号(30LB)
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 2号
※注 ダイワリール3012番スプールに1.5号200mや2号200mは巻くのはおすすめ出来ません。巻ききれたとしてもラインがスプールエッジ満タンでライントラブル発生の原因になるでしょう。3000番の替えスプール等に巻くのをおすすめします。