これは2016年8月に佐渡島に釣りにいった時の事です。
参考まとめ記事「2016年8月中旬佐渡島遠征釣行記、13記事まとめ。



その時のタックルはこれ。
2016年9月現在、僕はまだメータークラスの青物を釣った事はないので、実際にどんな引きかは分かりませんが、そのメーター青物を釣るにはちょっと細いかなと思えるライン設定です。 
でもこの時はとにかく、飛距離を出し、広範囲に探りたかったので上記のセッティングにしてました。



それで、こんな事がありました。

フルキャスト!

ルアー(メタルジグ)着水。
この時おそらく100mは飛んでます。

リールのベイルは戻さず、ルアーはフリーフォール。

5秒…
ラインがスルスル出てく。

10秒…
おお、流石にタングステンで100gもあると沈みも速い。

20秒…

え〜…

30秒…
ラインの下巻き出現…
200mのPEラインの下に巻いてあったラインが出て来てしまいました。
佐渡の海って岸(磯)から届くところでも深いところが多かったです。



水深のある場所では200mのPEラインじゃ足らなかった…
上記の写真の状態、これではこの時のデカい魚がヒットしてしまったら大変です。青物なら最初のワンダッシュはすごい事が多いので今な数十センチのPEラインじゃ全く足らず太刀打ち出来ません。因みに下巻きで巻いてあるラインは3号の安いナイロンライン。PEラインとの結束もノーネームノットで強度のあるノットにはしてあるものの、デカいのがヒットしたらイチコロですよ。リールのドラグ調整とかをしたとしてもデカい青物(80cmオーバーとか)に3号のナイロンラインじゃ何も出来ないでしょうね。

また他に、この時のライン、何度かラインシステムを組み直したりしていたので、数メートルは短くなっていたとは思いますが、それでも170か180mはあったと思います。



だから!

飛距離を出すガチなショアジギンガーよ!
PEラインのおすすめの長さは300mだ!

と、僕自身に言い聞かせました。
同時にラインも巻き替えました。
これまでよりも100mの余力。デカい魚がヒットしてもより余裕をもってファイト出来る事でしょう。

因みに、ダイワのリール4000番(ダイワ(Daiwa) 14 キャタリナ 4000H)には、PE2.5号300m「よつあみ(YGK) G-soul SPジグマンX8 300m45Lb(2.5)」 が、下巻きなしで程よく巻けました。↑の写真がそうです。

後はデカい魚を掛けるだけ…
存分にファイトしたいです!