2015年雨期に89cmと91cmの2尾のブリを伊豆半島の地磯でまぐれにもキャッチしたのですが(参考釣行記)、その時のラインシステム、PEラインの事を書きたいと思います。


89cmを釣った時は、PE1.2号でした。
Rapala(ラパラ) ラピノヴァX マルチゲーム 1.2号 22.2lb 150m ライムグリーン

91cmを釣った時は、PE2号でした。
Rapala(ラパラ) ラピノヴァX マルチゲーム 2.0号 32.8lb 150m ライムグリーン

共に同じメーカーのPEラインでした。


PEライン2号は必要。でも釣れていないと1.2号位を使いたくなる。でも…
PEライン、最初から青物目当てなら2号は必要に思います。
ただ、1.2号だと飛距離が出ます。その飛距離故に広範囲にチェック出来る為、なかなかアタリがないと使いたくたくなるものに思います。でもヒットした魚が60cmを超えると結構大変です。沖でヒットした魚がヒラマサだったりした上、じっくりやりとりをしようとしたら高確率で切られるでしょう。このヒラマサに関しては以前書きました。「地磯の青物狙いにて、沖で魚が掛かったら一息なんてつかず躊躇せず思いっきり巻いてくる1つの理由



さて、ではその2尾を釣った時の事をまとめます。

PE1.2号はハラハラ、力の掛け具合と相談。
P6300008
1尾目の89cmを釣った時は元々ヒラスズキを1.2号のPEラインを使って狙っていたのですが、反応がなく、そのままのタックルで青物でもいないかなと沖をチェックし始めたらゴンと来てしまったのです。
その時のリールのドラグはギッチギチに締めていたわけではなく、ある程度滑る様にはしておきましたが、これはラインの細さを考慮しての事です。僕にとってのPE1.2号はそんな感覚なのです。
そして、思いっきり引っ張ったりしてもリールのドラグが滑る中、どうにか岸際まで寄せる事が出来ましたが、その岸際が一番ラインを切られる可能性が高いところです。魚の顔を水面に出せている時はこちらに主導権がある感じでしたが、ひとたび水中に潜られ泳がれると主導権は魚に握られてしまいます。
そんな中、運が良いのか丁度良く波が来てその波に魚を乗せ岸にズリあげることが出来た感じです。
運が味方してくれた感じです。
伊豆半島の地磯なんて、たましか来れない僕にとって、このやり取りは非日常的でとても大変でした。



PE2号は存分に力を掛けられた感じでした。
P7010125
2尾目の91cmを釣った時は、元々青物狙いで、60gのルアーが投げられる記載情報のあるショアジギ用のロッドでした。 もちろんの事、前述したPE1.2号の時とはドラグの締め具合は違います。リールも違いましたし。
もうこの時は自分の体力と相談する感じでした。1.2号のPEラインの時とは違い、引っ張った分だけ魚を寄せられた感じでした。もっと僕の身体的な力があればもっと素早く魚を寄せられたという事です。
でも、魚を取り込む際には引き抜く事なんて出来ず、岸際まで魚を寄せたら波が来るのを待ち、来た波とともに魚をずりあげた感じでランディングしました。



ただ、状況によりけりです。

青物90cm前後にはPE2号が丁度いいとは言っても…
他、入った現場の状況でもこれは変化してくる事も考えなければなりませんね。入った現場の足場の高さだけとってみても、足場が高ければよりやり取りもじっくり出来ると思いますのである程度ラインも細くても大丈夫かなと思いますが、足場が低いとそうは言っていられないと思います。
そしてアングラーの力量というか、身体的な力、単純に腕力だけとってみても、もっと力のある人であれば状況によってはもっと太いPE3号とかもありかと思います。

僕なら太くてもPEラインは3号です、今のところ。
対象魚によってリールやロッドやラインを選ぶ、というより対象魚を狙う釣り師の力量によってそれらを選ぶ事もあるのですね。
僕はわりと非力なので、伊豆半島の地磯で青物狙いで引っ張る腕力とかが無いのに4号とかを使うのはデメリットが増えてしまう感じがします。3号と4号で思いっきり引っ張ってもリールのドラグがならない様な感じでしたら太くする理由があまり無いですし、根ズレとかを考えたとしても3号でも4号でも磯場の岩でズったらどちらでもスパッと切れてしまうと思います。その上、飛距離とかを考えるとデメリットの方が多くなるので、僕は太くても3号でしょうか。2015年7月現在。
 

ま、ショアからマグロとか狙う様になる時が来たら、またその選択も変わってくるとは思いますけどね。そんな時が来る様に精進して行きたいと思います。
とりあえずは、伊豆半島の地磯で90cm前後の青物狙うなら、PEラインは標準で2号、例外で1.2号、釣れる気ムンムンだったら3号でしょうか。




青物(90cm未満)おすすめタックル(2017年5月更新)
釣り場が広ければ長めのショアジギング用ロッドがおすすめ!
ヤマガブランクス 2017年 NEWブルースナイパー100MH BlueSniper 100MH
ダイワ(Daiwa) ジグキャスター MX 106MH

リールならダイワ4000番台の大きさが使いやすい!
ダイワ スピニングリール 16 ブラスト 4000H
ダイワ スピニングリール 16 キャタリナ 4000H
ダイワ スピニングリール 17ソルティガ BJ スピニングモデル 4000SH

せめて2号の太さは欲しいところ。
ラインの長さは水深があるところならば長めに、釣り場の状況に応じて選びましょう。
Rapala(ラパラ) ラピノヴァX マルチゲーム 2.0号 32.8lb 150m ライムグリーン」  
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 2号」 
よつあみ(YGK) G-soul SPジグマンX8 300m45Lb(2.5)
よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 200m 3号/50lb
 
40lb以上は欲しいリーダー 
クレハ(KUREHA) リーダー シーガー プレミアムマックス ショックリーダー50m 49lb 12号
東レ(TORAY) パワーゲーム フロロ 30m(40〜50lb)」 
東レ(TORAY) ジギングリーダー パワーゲーム フロロ 30m(60lb)

PEラインとリーダーの結束のFGノットの時におすすめノッター!
スタジオオーシャンマーク オーシャンノッター OK75
スタジオオーシャンマーク エンドノッター EK65



こちらの記事も参考にしてみて下さい。